ごあいさつ

私が市政を担わせていただき
10年目の節目の年を迎えました。

  • 図書館の建て替え、市庁舎、中央公民館の耐震化とリニューアル、駐車場、県立東御清翔高校の再編をともなう舞台が丘整備構想の実現
  • 「小学校区単位の地域づくり」を進め、より多くの地域住民の地域づくりへの参画の推進
  • 「平和と人権を守る都市宣言」と行動の推進
  • 一地区一公立保育園づくりを進め、0歳児からの保育の充実、信州型自然保育、園庭の芝生化、お産が出来て子育てしやすいまちづくりの推進
  • 中学生までの医療費無料化のいち早い実現と保育料の適正化、第三子からの保育料の完全無料化を実現。保育士の労働環境の改善
  • 千曲川ワインバレー特区を切り口とした、ワインツーリズム、ワイン関連産業の育成
  • 菅平・湯の丸・高峰、上信越国立公園内の高地トレーニング環境整備事業の推進

時代は地方創生、人口減少に歯止めをかける東御市版人口ビジョン、まち・ひと・しごと創生総合戦略の実現にあたって、正念場を迎えております。お産ができて、子育てしやすいまちづくりにいち早く着手した強みを活かすと同時に、標高差1,500メートルの地形、景観を活用した千曲川ワインバレー事業の推進や自慢の農作物のプロモーション、菅平・湯の丸・高峰を有する上信越国立公園内の高地トレーニング構想を具体化するための事業を通じて、第2次東御市総合計画の将来都市像である「人と自然が織りなす しあわせ交流都市 とうみ」を実現してまいります。

特に、日本水泳連盟と共に「湯の丸からセンターポールに日の丸を!」を実現させるべく、全国の同志、企業の皆様から賛同を募り、2020年に間に合うように高地トレーニング用長水路プールを建設し、東京オリンピック・パラリンピック大会の成功に寄与してまいります。

これらの事業は、国内外からたくさんのお客様をお迎えすることで東御市湯の丸の名を高め、移住・定住や雇用の増加を実現させる道であることを確信しております。

「一人の百歩より百人の一歩」、ピンチをチャンスに変えるべく、皆様と共に歩んでまいります。

平成29年 夏
東御市長 花岡 利夫

INFORMATION

最新情報・更新情報

更新

2017.10.17

ホームページをリニューアル致しました。

お知らせ

2017.10.17

東御市のご紹介「ほどよく田舎」の詳細はこちら

お知らせ

2017.10.17

「湯の丸高原高地トレーニング応援サイト」の詳細はこちら

東御市のご案内「ほどよく田舎」陽当たりがいい。近さがいい。人がいい。
ふるさと納税であなたのスポーツライフを応援します。湯の丸高地トレーニング施設應援サイト

みんなでTOMI大作戦続行中!

4つの柱をもっと骨太に。

Together,お互いに支えあうまち
  • 小学校区単位のふるさとづくり。
  • 安心・安全・平和なまちづくり。
  • 地域の歴を大切に。文書庫の充実を図ります。
  • ホスピスケア哲学のあるまちづくり。
Origin,お産が出来て子育てしやすいまち
  • 助産所とうみの充実と医師の確保に努めます。
  • 第三子以降の保育料を無料化します。
  • 自然の中での元気な保育を進めます。
  • 生きることの意義を実感できる育ちをサポートします。
Merit,魅力あふれるまち
  • 標高差1,500mの地形を活かしたまちづくり。
  • ワイン産業を応援し、千曲川ワインバレーを実現します。
  • 日本の高地トレーニングのメッカづくりに協力します。
  • 健康寿命日本一、食のおいしさを活かします。
Inovitation,移住者をいざなうまち
  • 景観・人情の素晴らしさを全国に発信します。
  • 日本水連と連携して国立のプール誘致を実現します。
  • 地域産業を守り育み、新たな雇用をつくります。
  • 体験型滞在観光システムを充実させます。

花岡市政の10年間の軌跡

人と自然が織りなす
しあわせ交流都市とうみ

フォトギャラリー

フォトギャラリー1
フォトギャラリー2
フォトギャラリー3

とうみの風景や日々の一場面をご紹介

フォトギャラリーはこちら
TOPへ戻る